これからの教育において、英語の重要性がますます大きくなっていきます。

2020年の新学習要領実施に向け、さまざまな変化がある中、英語が今までの暗記による知識習得だけでなく、

その知識を活用する力=実際に話す力を付けることが大変重要になっています。

 

大学入試制度が変わることで、「聞く」「読む」に加え、「話す」「書く」ことも評価されることとなっています。

暗記に頼った学習方法でなく、内容をしっかり理解し、自分の考えを表現する力が必要になってくるのです。

これは、入試が迫った短期間のうちに身ににつけられるものではないと思います。

 

知識を習得しながら、同時にその知識を実際に自分の耳や口を使って活用していくトレーニングをコツコツと続けていくことが大変重要だと思います。

 

ディーツイングリッシュのレッスンでは、レッスン毎のターゲットセンテンス(基本となる例文)がありますが、単にネイティブ講師が話した後に正しい文法、発音で言えるということでなく、自分で質問を考えたり、自分の状況に置き換えて答えたりということを日頃から行っています。

中高生だけでなく、小学生や時に幼児クラスでも行っています。

 

英検の面接対策や、将来大切な進路に進むための面接のような場面で実力を発揮していただけると思います。

将来大学受験をされるときに、希望の大学に入学するには英語で自分の意見を話さないといけない…ということもあると思います。

 

その時に、自分の「希望」「夢」を英語で叶えることができるよう、もっと話したい!もっと勉強したい!と思っていただける興味深いレッスンをつくっていくよう、スタッフ全員で常に努力していきたいと思います。