今年度からリニュアルされた英検ですが、今週が申し込みの締め切りです。

普段の学習の成果を試したり、自分の弱点を知るためのツールとして積極的に活用していただきたいなと思います。

リニューアルで、2級からライティングテストが導入され、単なる暗記ではなかなか合格が難しくなっていると言えますね。

4・5級でスピーキングテスト導入、と言うことでしたが、合否の判定は今まで通りの筆記とリスニングテストで行われ、希望される方はコンピュータ端末を利用した録音方式でテストを受けることができるというものでした。

普段からスピーキングの力を磨いている教室の生徒さんにとっては、少しがっかりな発表だったかもしれませんが、いずれはすべての級で面接形式でのスピーキングテストが導入されるのではないかな?と個人的には考えています。

 

今回からの新しい形式の問題について対策方法などは、こちらに載っています。

http://www.obunsha.co.jp/pr/new_eiken/